足がつる・こむら返り

時々足がつる…
激しいこむら返り…

若山台鍼灸整骨院で
根本治療を!



寝ている時に足が攣り、治まるまで悶絶していたといった経験をした事はありますでしょうか?

私も高校時に陸上競技で長距離走をしていたので合宿などで走り込んだ後は必ずといっていい程足が攣っておりました。



足がつる・こむら返りは鍼灸整骨院で治しましょう

特に両足が一度に攣った時は身動きもとれず痙攣が治まるまでじっと痛みに堪える・・まさに地獄のようなひと時でした。

では、なぜ足が攣るというような事が起こるのか?

そのメカニズムを説明したいと思います。

いわゆる攣るといった状態は
筋肉が自分の意思に反して収縮痙攣し続けている状態をいいます。

こうした攣るといった状態は
足だろうが、腕だろうが、腹筋だろうが、どの筋肉にも起こりえますが、
やはり多いのはふくらはぎが攣る『腓返り・こむらがえり』だと思います。

因みに腓返りの腓とは、ふくらはぎの事です。

足がつる・こむら返りの原因は?



ではなぜ『攣る』のか?

その原因を簡単に述べると、
何らかの理由により神経が誤作動をおこしてしまう事です。

この神経の誤作動が『攣る』という状態を引き起こします。

その神経の誤作動がなぜおこるかというと、次のような原因があげられます。

⑴栄養不足 ⑵ミネラル不足 ⑶脱水
⑸冷え ⑹加齢 ⑺糖尿病動脈硬化などの内科的因子

そして、一番の原因となる
⑻筋肉中に疲労物質が蓄積している状態
などです。

では、具体的にみてまいりましょう。

足が攣る原因と鍼灸整骨院

⑴栄養不足 ⑵ミネラル不足 ⑶脱水

⑴栄養不足 ⑵ミネラル不足 ⑶脱水
は、今の日本に住んでいる限り日常生活ではおこりにくいと思います。

しかし、スポーツや仕事でハードに体を動かして局所的に栄養不足やミネラル不足に陥ったり、大量に汗をかいて脱水状態になり神経が誤作動をおこし筋肉が痙攣するといった事はよくおこります。

サッカーの試合などで延長戦に突入し体力の限界まで走って筋肉に疲労物質が溜まり、足が攣って味方の選手に攣った足の筋肉を伸ばしてもらっているという映像はそういった事が原因の一つであると考えられます。

⑷血流障害 ⑸冷え ⑹加齢 ⑺内科的因子

次に、⑷血流障害 ⑸冷え ⑹加齢 ⑺内科的因子
をみてまいりましょう。

血流障害がおこると身体の各部に十分な栄養を送り届ける事ができなくなります。
それが神経の誤作動をひきおこす原因となります。

冷えは血管を収縮し血流障害がおこるので、
これも神経の誤作動をひきおこす原因となります。

加齢については、歳を重ねるといろいろな弊害が起こります。
筋肉量の減少もその一つで、
筋肉の量が減ればそれに伴い体温の生産率や血流量、細胞内の水分の保有量も低下します。
そういったことから神経の誤作動をひきおこす条件が整ってしまい、足が攣る確率が上がると考えられます。

糖尿病動脈硬化などの内科的因子があると、
それだけで筋肉に十分な血液や栄養を送り届ける事ができませんので、
神経が栄養不足に陥り神経の誤作動を引き起こします。

こうしたことを踏まえると、何か一つが原因して足が攣るというよりも複数の要因が絡んで問題が発生しています。

ただ、すべての人において共通していることがあります。

⑻疲労物質の蓄積

すべての人において共通した足が攣る原因は、
筋肉の中に疲労物質が蓄積しているということです。

冷えるだけでも攣りません。
血流障害だけでも攣りません。

必ずといっていい程、筋肉中の疲労物質の蓄積が要因となって
『攣る』といった現象が発生
します。


疲労物質の除去で、根本的に改善!

筋肉は、筋肉中に蓄えられているグリコーゲンや血中のグルコースなどの糖質を乳酸に分解する過程で発生するエネルギーを元に収縮します。

その過程で作り出される『燃えカス』のような物質が疲労物質となり、
筋肉を支配している神経の誤作動を起こしてしまう原因となります。

私達の体の中には、
筋肉が伸び過ぎて切れてしまうことを防ぐ筋紡錘と
腱が伸び過ぎて切れてしまうことを防ぐ腱紡錘
という器官があります。

画像の説明

この筋紡錘と腱紡錘が絶妙なバランスをとって筋肉を支配している神経の電気信号の量をコントロールしてくれています。

しかし、筋肉中に疲労物質が蓄積してくると
筋紡錘と腱紡錘の絶妙なバランスを崩し、
脳から筋肉に伝わる電気信号の調節が狂い、電気信号が流れ過ぎてしまうというような事がおこります。
これが『攣る(こむら返り)』といった状態です。

根本治療が大切です

筋肉が攣ると、
筋肉が収縮している方向とは逆に筋肉を伸ばしてあげると
一時的には痙攣は治まります。

これは、筋肉を伸ばす事により誤作動を起こしている筋紡錘と腱紡錘を強制的に働かせて脳から伝わる電気信号を調節し、筋肉の興奮を落ち着かせた為、筋肉は元の状態に戻ります。

しかし、筋肉中に溜まっている疲労物質が除去できていなければ、また同じように繰り返し攣ってしまいます

根本的に攣らなくするためには、
いかに筋肉中の疲労物質を除去できるか
にかかっています。

若山台鍼灸整骨院に来ていただければ、
一番の原因になっている『疲労物質の蓄積』を取り除くことができるので、

根本的な問題を解決し、
筋肉が攣らない正常な状態に戻す事が可能です。


なかなか自力で自分の筋肉をケアして疲労物質を除去することは難しいと思います。

鍼灸整骨院で元気になる

寝ている時に足が攣ることに怯えている方は若山台鍼灸整骨院にご相談下さい。
足が攣ることがない快適な睡眠をお約束致します。


こむら返り・足の攣りなどのときは
当院にご相談ください。

若山台鍼灸整骨院

大阪府三島郡島本町 若山台2-6-2-108

tel

診療の時間

若山台鍼灸整骨院へお電話ください

若山台鍼灸整骨院の電話番号

ラインでのご予約もできます。
下をクリックして友達登録して下さい。
鍼灸整骨院へのライン予約